お知らせnews

【2022年大会の開催について】2021.11.27

日頃より、とびしまウルトラマラニックを応援いただき誠にありがとうございます。
2022年大会の開催について、現状のご報告をいたします。
今年の8月に例年どおりの冬開催を見送り、2022年春開催を目指す方針をお知らせさせて頂きました。ここ数ヶ月コロナの感染状況も一定の減少傾向にあり、各地でマラソンやトレイルランイベントの開催もあり、前を向いて開催の可能性を検討してきました。
しかしながら、当大会の開催地域である「とびしま海道」は高齢者が多く住む事もあり、依然地域イベントの開催数は少なく、人が集まるイベントに対して決して歓迎というムードではありません。特に島ごとに数多くの集落を順繰り回る当大会では、数多くのランナーがマスクなしで行き交う事に対して、地域住民の皆様の感情は好意的なものばかりではないという印象です。また、高齢者が多い地域での住民によるボランティア参加も時期尚早だと判断し、総勢約150名に及ぶボランティアさんの確保にも懸念を抱えております。第一に前投稿でも記載しましたが、本大会の目的である「地域住民と選手とのふれあい」が、来年春ではその実現が難しいと思っております。
上記のような理由から2022年春開催は断念し、2022年例年の冬(地域イベントとの調整ができたら秋)の開催を目指し、地域のみなさんとの対話をすすめていきます。
開催を待ち望む声を多く頂いているのも承知しております。具体的な計画をしている方がいるのも知っております。
すいません、
もう少しお時間をください。
詳細につきましては、今後随時ホームページやフェイスブック等でお知らせ致します。
引き続き応援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
とびしまウルトラマラニック大会実行委員長
高島 俊思
とびしまウルトラマラニック大会事務局

記事の一覧へ